令和2年4月28日

お客様 各位

(株)新興出版社啓林館


 

学校教育における教科書利用(授業動画配信等)について

 

平成30年の著作権法改正により、学校その他の教育機関において教育を担任する者や授業を受ける者は、授業の過程における利用を目的として、必要な限度において、無許諾で、公表された著作物を利用して、インターネット経由で送信することができるようになりました(但し、著作権者の利益を不当に害するような利用は除かれます)。
こうした送信を行う場合、本来、学校その他の教育機関の設置者は、一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRASサートラス)に対して所定の補償金を支払う必要がありますが、令和2年度に限り、無償で行えることが決定し、令和2年4月28日から施行されました(「授業目的公衆送信補償金制度」)。
これに関連して、文化庁、SARTRASより以下の発表がございました。

文化庁

「一般社団法人授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRASサートラス)」

弊社教科書等のご利用を希望される方は、上記各発表内容を確認の上、以下のとおりご対応ください。


学校の教員等が行う、「教科書」(学習者用デジタル教科書を含む)、「指導者用デジタル教科書」の利用

教育委員会が行う、授業目的の公衆送信のための「教科書」(学習者用デジタル教科書を含む)、「指導者用デジタル教科書」の利用

著作権法第35条は適用されません。一般社団法人 教科書著作権協会へ「教科書利用許諾申請書」をご提出ください。
電話 03-5606-4331


学校の教員等が行う、授業目的の公衆送信のための「教科書、指導者用デジタル教科書以外」の利用

教育委員会が行う、授業目的の公衆送信のための「教科書、指導者用デジタル教科書以外」の利用(著作権法第35条は適用されません)

弊社へお問い合わせください。 電話 06-6779-1531
申請フォームはこちら】 

閉じる