教師の方へ

私の実践・私の工夫(算数)

「ちがいを みて」

2年

兵庫県神戸市立狩場台小学校 政井 愛

1.児童の実態

本学級の児童は,喜んで学習に取り組む子が多い。しかし,個人差が大きく,基礎的・基本的な知識と技能の習得に時間のかかる児童も少なくない。1学期の「かくれたかずはいくつ」の学習では,場面をイメージしたり,動作化をしたりしてから自分の考えを発表ボードに書き,2人,グループ,全体で考えを伝え合う活動をしてきた。答えを導き出す手立ての一つとして,テープ図を導入した。児童はテープ図に表すことの難しさを感じながらも,便利さや分かりやすさに気付き,好んでテープ図に表す児童も増えてきた。

2.教材観

本単元では,求大・求小の逆思考の問題を扱う。逆思考の問題は,文章に表された増減の言葉とは逆に思考を働かさなければならないところに,児童のつまずきが生じやすい。このときの思考や表現の手助けとして,テープ図を利用するのがねらいである。増加や減少の場面では数量関係を1本のテープ図で表すことができたが,本単元のように2量を比べる場面では,2本のテープ図で表した方が分かりやすい。2本のテープの左端を揃えて縦に並べ,その長さのちがいに着目させる必要がある。3年生での線分図の学習に発展し,今後数量関係を的確に捉えていくための大切な手段の1つとなっていくので,図に慣れ,図に表す力を伸ばしていくための大切な学習である。

3.指導にあたって

そこで,1学期の単元と同様,場面をイメージしたり,動作化をしたりする活動を通して,問題場面をしっかりと把握させたい。この単元では,2人組での動作化を取り入れることで,ポイントとなる2量の大小関係をつかませたり,2量を比べるときには,テープ図を2段にして利用すると分かりやすいことを理解させたりしていきたい。また,発表ボードに一人一人が考えをまとめる時間を十分に確保する。その際,立式の手立てや説明の補助になるように,自分なりの表現で数量関係を表すようにさせる。さらに,自分の考えを友達に伝える活動を多く取り入れて理解を深め,自分の考えが整理されていくよさを感じさせたい。

4.実際の授業

(1)本時の目標

  • ○ 進んで図に表し,課題解決しようとすることができる。
  • ○ 自分なりの方法で図に表し,答えを導き出すことができる。
  • ○ 2段のテープ図について理解することができる。

(2)展開(第1次 第1時)

学習の過程と児童の活動 指導の手立て(・) 評価(○)
1.課題を把握する。
2年1組には,ねこがすきな人が15人います。ねこがすきな人は,犬がすきな人より4人多いそうです。犬がすきな人は何人いますか。
・ 声に合わせて動作化をさせ,場面をイメージさせる。(2回) ・ ねこが好きな人,犬が好きな人の数の2つの大きさを表すと分かりやすいことに気付かせ,2人組での動作化を取り入れることで,テ-プが2本いることの必要性につなげたい。
2.見通しを立て問題を解く。
○一人一人,問題場面を図に表し,解き方を考える。 ①ノート
②発表ボード
・ 考えが進まない児童には,数図ブロックや○図を使って考えるように助言する。 ・ 早くできた児童には,自分の考えた図と式が合っているかどうかを考えたり,説明の練習をしたりさせる。 ○問題文を読んで自分の考えを図にかくことができる。
3.学びあう。
○グループ(3~4人)で考えを伝え合う。

・ 同じ式であっても,図を見たり,説明を聞いたりする中で,自分の考え方との違いを考えながら聞くようにさせる。
○全体で話し合う。


・ 図に焦点を当て,図が似ているという観点で仲間分けをする。 ・ 2つの数量を比べるには,2本のテープ図にかくと分かりやすいことに気付かせたい。 ○自分の考えを友達に伝えたり,友達の考えを聞いて自分の考えと比べたりすることができる。
○2段のテープ図についてまとめる。 ・ テープの左端を揃えたり,違いをはっきりと表したりすることの大切さに気付かせたい。
4.まとめる。
○②の問題を解く。 ○今日の学習で気が付いたこと,分かったことなど,感想を書く。
○2段のテープ図について理解することができる。

 

5.成果と課題

(1)成果

  • ○ 1学期から算数の時間に限らず,様々な場面で発表ボードを活用することで,大きく・はっきりと・分かりやすく書くことができるようになり,発表する際の手助けになるようになった。また,繰り返しボードを使うことで,図をかく楽しさを感じ,文章題に対する苦手意識がなくなった。
  • ○ 2人組,グループ活動,全体等,授業形態を工夫して発言する機会を増やすことで自分の思いを自分の言葉で進んで伝えることができるようになった。特に1学期に 自ら挙手できなかった児童が,毎日思い切って挙手し,発表することが出来るようなった。
  • ○ グループ活動では,一人の発言に対して必ず全員が感想を伝えたり,質問をしたりすることで,友達の意見にしっかりと耳を傾けて聞き,自分の考えと比べて聞くことが出来るようになった。
  • ○ 問題把握の場面では,視覚的なものではなく,まず,教師の言葉を聞いて動作化を行うことで,より集中して課題把握しようとする姿勢が見られるようになった。また,手の動作は問題把握に役立ち,それが図に表現されていた。二人組での動作化を導入したこともよかった。
  • ○ 2本のテープ図を指導する際,1年生で学習した手つなぎ(1対1対応)を想起させたことで,左端を揃える意味を理解させることができた。

(2)課題

  • ○ 児童の関心を惹くねらいで,教科書の問題を少し変えたが,そのことが逆に問題を難しくしてしまった。問題を変える場合は,難易度や数値の適正などをしっかりと吟味する必要がある。
  • ○ 児童全員の考えをみんなで把握できたことはよかったが,黒板にボードが多すぎて,分かりにくかった。ボードを精選して,分かりやすい板書を考えていきたい。
  • ○ 少しずつ図に表す力がついてきた。今後は,問題に応じて図を選択する力をつけさせたい。
  • ○ 友達の反応を見ながら発表したり,自分のかいた図をうまく活用しながら発表したりなど,分かりやすい発表の仕方を目指していきたい。

ページの先頭へ