ホーム > 教師の方へ > 小学校 > 平成30年度 小学校算数移行措置について

教師の方へ

小学校

(株)新興出版社啓林館
平成29年10月

平成30年度 小学校算数移行措置について

日頃は,小社発行の小学校算数教科書「わくわく算数」をご使用いただきましてまことにありがとうございます。

既に文部科学省から発表されていますように,新しい学習指導要領に基づく教科書は,小学校では平成32年4月からの使用となります。それに先立ちまして,平成30年4月から平成32年3月までの2年間に,新課程に移行するための措置(移行措置)を講ずることが文部科学省から告示されています(移行措置通知 平成29年7月7日)。また,算数につきましては,移行措置期間中から新課程の内容の一部を前倒しして実施することになります(先行実施)。

さしあたって,移行措置初年度となる平成30 年度は,次の表に示した点にご留意の上,ご指導いただきますようお願い申し上げます。

(平成30年度用のカリキュラム作成資料を掲載しております)

平成30年度 移行措置

対象学年 移行措置(告示事項) 留意点
第1,第2,第5,第6学年 なし ご指導にあたって,追加,省略する内容はございません。
第3学年 接頭語(キロ(k)やミリ(m))についても触れること 教科書3年下巻42,43ページの指導までに,1000倍について触れる(一例として,教科書3年上巻76,77ページで,10倍,100倍の後に1000倍まで拡張しておくことが考えられます)・教科書3年下巻42,43ページで,単位t(トン)に触れた後に,単位の間に次のような関係があることにも触れ,単位の前に接頭語k が付くと1000倍になることなどの理解を深める。
第4学年 接頭語(キロ(k)やミリ(m))についても触れること 教科書4年下巻14,15ページの指導までに,上記の第3学年追加内容について理解できているか確認する。(第3学年で接頭語k について,第4学年で一億をこえる数について学んでいますが,特に接頭語kが1000倍を表すことを理解しているか確認する。一例として,教科書4年上巻84ページで,mとkm,gとkgの扱いとあわせて他の単位についても確認しておくことが考えられます)
面積の単位とこれまでに学習した単位との関係を考察すること 教科書4年下巻14,15ページのトピック「大きな面積の単位の関係」に触れ,正方形の1辺の長さと面積の関係から,長さの単位と面積の単位の間に次のような関係があることを考察する。
長さの単位 1㎝ (10㎝) 1m (10m) (100m) 1㎞
面積の単位 1㎠ (100㎠) 1㎡ (100㎡)
1a
(100a)
1ha
1㎢

ページの先頭へ