ホーム > 教師の方へ > 高等学校(数学) > 授業実践記録(数学) > 重心の位置とパップス=ギュルダンの定理

教師の方へ

授業実践記録(数学)

重心の位置とパップス=ギュルダンの定理

熊本県立熊本高等学校 小坂 和海

1.はじめに

センター試験後の3年生対象の特別授業は,志望大学別に3コースに分けて行っているが,最も学力の高い生徒が集まるコースで,「重心の位置とパップス=ギュルダンの定理」を扱い,次のような入試問題を解くことを試みた。回転体の体積を求める場面で,別解として,半円の重心の位置を求め,パップス=ギュルダンの定理を用いる解法を解説した。

* 詳細はPDFファイルをご覧ください。 (PDF:208KB)

ページの先頭へ