英語授業実践記録
はじめての英語ディスカッション活動
高知県立高知西高等学校
山田憲昭

1.はじめての英語ディスカッション:Discussion with judgment
 はじめての英語ディスカッション活動として、ディスカッションとディベートを融合させた活動 Discussion with judgment を行ってみてはどうだろうか。本校では、簡単なディベートを導入後、少し時間をおいて簡単な英語ディスカッション活動を導入している。
 この活動は、1クラス10名程度の少人数クラスを想定した活動で、ディスカッションにディベートのジャッジ (審判)の要素を絡めたゲームのようなコミュニケーション活動である。
 生徒はチーム(1チーム生徒3〜4名)を構成する。ある1チームがディスカッションを担当し、与えられたトピックについて5分間でディスカッションを行う。他チームはジャッジとして、そのディスカッションをよく聞き・観察し、司会者や参加者の発言、ディスカッションの様子等を、スピーキング、リスニング、チームワークという3つの観点で判定する。
 この活動を通じて、チームメンバーとの協力のもとにディスカッションを進めながら、司会者・参加者の役割・より良いディスカッションのモデルを学んでもらいたい。また、トピック独自の語彙やディスカッションに必要な表現などを生徒が使いながら徐々に身に付けていくことを目指す。

1)英語ディスカッション授業の目的・ねらい

(ア) ディスカッションを行う上での基本的な知識・ルールを学び、身に付ける。
(イ) ディスカッションを行うのに最低限必要な表現を学び、実際に使う。
(ウ) ディスカッションを通じて、英語を「読む」「聞く」「話す」「書く」という4技能をバランス良く使い、英語を使う量を増やす。
(エ) ディスカッションを通じて、自分の意見を明確に言う能力、他者の意見をしっかりと聞く能力、コミュニケーション中の判断力・決断力、物事を論理的に考える能力などを育てる。

2)Discussion with Judgment のルールと手順
 
事前に以下のルールを生徒に伝えておき、手順に従って進める。

■ルール■

(ア) 1チーム3〜4名。各チームでMCを1名選ぶ。
(イ) 1トピックにつきディスカッション時間は5分。
(ウ) ディスカッションでは、全員が発言しなければならない。
(エ) 1チームがディスカッションを行い、他のチームは全員ジャッジ。
(オ) ジャッジは、3つの観点でディスカッションをしたチームにポイントを与える。(ジャッジシートを用いる)
(カ) トピックが新しいものになる時、メンバーを変えて新しいチームでディスカッションを行う。

■手 順■

[1] 生徒は3名でチームを作り、MC1名を決める (Decide the roles)
[2] 教員はトピック1を全生徒に配布する
[3] 生徒はチーム内でそのトピックを読む(Reading Comprehension)
[4] 教員は語彙の確認を行う(Qs&As)
[5] 最初のチームの5分間ディスカッション
[6] ジャッジ(他の生徒全員)による判定ポイント
[7] 次のチームの5分間のディスカッション
[8] ジャッジによる判定ポイント
[9] 最後のチームの5分間ディスカッション
[10] ジャッジによる判定ポイント
[11] 全てのチームがトピック1でディスカッションを行った後、新しいチームを作る
[12] トピック2で [1] から [10] を繰り返す
[13] トピック3で [1] から [10] を繰り返す
[14] 生徒は個々に1回目、2回目、3回目・・・と得点を合計していき、個人のポイントを積み上げていく。

3)Discussion with Judgment のジャッジシート

Judging Sheet
Date: (   /   ) Team members :
MC :
Judging points of view
Range (Circle the point you give) Points
Speaking
How well all of the members speak English.
1
2
3
4
5
very poor
poor
so so
good
very good
Listening
How well they listen to the others.
1
2
3
4
5
very poor
poor
so so
good
very good
Team
Work
How properly MC or speakers give the other members the chance to speak.
1
2
3
4
5
very poor
poor
so so
good
very good
Comments(Good points/Bad points):

4)トピックの選定
 ディベートで取り上げるような賛否が分かれ、高校生が興味・関心を持てるトピックを準備する。ディスカッションは、どのようなトピックを準備するかでその成否が決まる。具体的には、英字新聞・雑誌に掲載されている人生相談コーナー(Anne Landers等の恋愛や人間関係を扱ったもの)、身近な地元や学校で話題になっている最新ニュース、政治・環境・人権・戦争と平和などに関わる話題、などを事前に調査しトピックを考え、それらを説明し賛否を問う内容の簡単な英文を準備する。以下に例を載せておくので、参考にしていただけると思う。

<比較的簡単なトピック>
Topic 1
   I have a close-friend, Annie. She falls in love with a boy, who goes to Otemae high school. They are supposed to meet next Sunday. But her parents don't want her to go. What should I advise Annie to do?

Topic 2
  My parents come late at night. So I cook meal every night and have to take care of my little sisters and brothers when they study. I have no time for myself. What should I do? I'm very tired.

Topic 3
  I am an office worker and have a problem about my girl friend. My girlfriend Hanako has a habit of buying a lot. Whenever she finds something new (a watch/a shirt/a pair of shoes/books....whatever) at a shopping mall, she urges (asks) me to buy it. As you can imagine, I end up buying it for her because I don't want to lose her. I really love her, but I really hate this habit of her. My pocket money is limited. What should I do? Please tell me.

<語彙説明を付加したトピック>
Topic  Keeping maiden name
  When I married, I kept my own name, and everyone who knows me is aware of this. Yet some of them still think it is correct to address correspondence to (書簡を・・・宛に出す) “The Smiths,” or worse yet (さらに悪いことに) , “Mr. and Mrs. John Smith.”
  How do you think John Smith would feel if he were addressed as “Mr. Mary Jones”? I would not dream of addressing anyone who chooses to change her name by her former name.
  I cannot understand why people think it is OK to negate my choice not to (名前を変えないという私の選択を否定する) . We should be addressed as “John Smith and Mary Jones,” or “The Smith and Jones Family.”
  I believe most people who do this simply do not know any better. Will you please help me educate them?