英語授業実践記録
“聞く楽しみ”を「読むこと」につなげる
授業フォーマットの一例
千葉県立松戸国際高等学校
小松一正

 英語は現在,母語の異なる人々の間の有効なコミュニケーション・ツールとなっていますが,ことばの機能として忘れてならないもう一つの点は,ことばは私たちが思考を深めようとする精神活動の手段であり,言語学習とは,そうした精神活動そのものである,という点であると思います。
 そういう意味で,「聞くこと」「話すこと」という直接体験のみから得られる情報量は極めて少なく,しかも必ずしも私たちの思考を深化させてくれるものばかりではないと言えるでしょう。「読むこと」「書くこと」を通して行う間接体験の深さがその人の思考の深さを決定する,ということになるのだと思います。
 しかし,反面,ことばは音であり,音のやり取りによる意思疎通(オーラル・コミュニケーション)が言語学習の大きな楽しみの部分であることも否定できません。
 実際,教科「英語」は苦手でも,カタカナになった英語を使って会話を楽しみ,英語の楽曲に心も体も踊らせている若者たちがたくさんいます。残念なことに,そうして彼らが親しんでいるはずのことばですらが,学校の教科書の中に文字として現れたときには,ただの未知語のひとつになってしまい,私たち教員の指摘を受けるまで気づいてくれない,というようなことが起こってしまっているのではないでしょうか。たいへんもったいない話だと思います。
 こうした観点から私は,高校生の英語学習においても,彼らが楽しみを見いだすことのできる「聞くこと」において“聞けば分かる”ことを体験させ,“聞く楽しみ”を体感することを契機とし,そのモチベーションを「読むこと」,特に“どう読むか”につなげていくことを目指した授業展開を心がけています。
 以下,4月に実践した授業のフォーマットを,ALTと一緒に作ったPROCEDUREをお示しすることで紹介させていただきます。
 なお,授業ではWORK SHEETを作成・配布しております。WORK SHEETはこちらからご覧ください。

啓林館MILESTONE English Course I
Lesson1 "How's Your School Life?" [1]&[2]

1.Oral Introduction
[1] How do you come to school?
[2] How long does it take you to get here?
[3] Which season do you like best? Why?
[4] What do you usually do after school?
[5] What do you usually do on weekends?
*クラス全体に問いかけた後,ペアワークで相互にインタビューさせる
*結果をクラスにリポートさせる

2.Words & Phrases
□school cafeteria
□admire>admired
□cherry blossoms
□start A with B
□kind of〜
□at the beginning of〜
□That early?
□serve>served
□It takes (人) (時間) to do〜.
□through〜
□terrible
*ALTが例文を使って説明した後,JETが日本語を尋ねる
*CDを聞かせ,聞き取れたら□にチェックを入れさせる

3.Sentences
[1] I was just admiring the cherry blossoms.
[2] We don't have cherry blossoms at the beginning of the school year.
[3] Breakfast was served at the school cafeteria after the second period.
[4] It took me about an hour to get there by bus.
*以下の文を読み聞かせ,誤った読みをした語を指摘させる
[1] I was just admiring the sherry blossoms.
[2] We don't have cherry blossoms at the beginning of the cool year.
[3] Breakfast was served at the school cafeteria at the second period.
[4] It took me but an hour to get there by bath.
*正しい文を黙読させ,意味を考えさせる

4.Listening Comprehension
[1st Listening]
Without Books
[2nd Listening]
Questions(1)

[3rd Listening]
Questions(2)

[4th Listening]
Dictation
*リスニングのみでストーリーを追ってみる

*聞き取りのポイントを与える
(Q1) What is the name of the boy from Thailand?
(Q2) What is the girl's name?
*聞き取りのポイントを変える
(Q3) Why does Evelyn like Japanese colleges?
(Q4) When did Evelyn eat breakfast in high school?
*本文の空欄をディクテーションで埋める
(例)
Pichai: It starts in May and ends in March.
How about (3 ), Evelyn?
Evelyn: It begins in September and ends in June.
I like (4 ) thing about Japanese colleges. Classes start at 9 in the morning.
Pichai: What time did they start when you (5 ) in high school?

5.Scanning
[5th Listening]
[1st Reading]

*テキストを見ながらCDを聞き,ストーリーをチェックする
*読み取りのポイントを与えて音読させる
[Q1] Why does Evelyn like Japanese colleges?
[Q2] Why did Pichai go to school by boat?

6.Comprehension
[2nd Reading]
Schools
start in ...
end in ...
in Japan
in Korea
in Thailand
in Nigeria
*テキストを読んで表を完成させる

7.Consolidation
[3rd Reading]
[1] Evelyn was just admiring (1 ) outside.
[2] Gyu Suk could not enjoy cherry blossoms at the beginning of the school year because school year starts in (2 ) and ends in (3 ) in his country.
[6] Evelyn did not have to get up early because (10 ) was served at the school cafeteria after the second period.
[7] Pichai could get to his school more quickly by (11 ).
*Summaryの空欄を埋める
*テキストを見ずにトライした後,会話を読んで完成させる

8.Reading
[4th Reading]
[5th Reading]
[6th Reading]
*Repeating with books & Reading individually
*Repeating without books
*Overlapping or Shadowing

9.Communication I
Schools
start in ...
end in ...
in America
in Brazil
in China
in Philippines
*留学生や外国籍生徒にインタビューして表を完成させる
(アメリカ人のALT,ブラジル人・中国人・フィリピン人のクラスメートなどにインタビューしてみる)

10.Communication II
[1] Find someone who doesn't take a train to come to school.
[2] Find someone who spends more than an hour to get to school.
*How do you ask? How do you answer?
 など,補助的な質問をした後で行わせる

11.Post Reading
(1) What school do you want to go to?
(2) What is your ideal school?
*Your Opinion
(1) 各自に書かせる
(2) (1)の考えをグループで発表し合い,理想の学校像を発表させる

12.その他

(1) 内容理解に関わる文法事項は,6. Comprehensionで補足的に取り扱う。
(2) 本校には各学年に8名〜10名程度の外国籍生徒,4〜5名程度の長期留学生,数名の帰国子女が在籍しており,これらの生徒の授業参加にも配慮する必要がある。