英語授業実践記録
ことばそのものへ
― 音素論への回帰 ―
愛知県立名古屋西高等学校
山口 誠
 
「きれいな」発音なのか
「正確な」発音なのか

 普段生徒にテキストの音読をさせる時、日本語にはない発音や発音上の区別について説明し、何度も練習させることがある。おなじみの /r/ と /l/ 、/b/ と /v/ の区別に始まり、 の調音方法、 の微妙な違い等々、文章の読解を中心に学習してきた生徒にとってはどれもすぐにはマスターできず、中にはどうしてこんな練習を延々と繰り返すのか、という表情を浮かべる者すらいる。このような発音の練習は確かに大学入試には直結しにくい。実際に発音が正確に出来ることよりも、それについての「知識」が問われるにすぎないからである。また、ネイティブのような発音をすることに対して逆に違和感を持つ者もいる。日本語を母語とする者としての「言語的自我」を脅かされるように感じるからだろう。
 しかし日本語にはない発音上の区別が、他の言語において意味の区別をもたらす音素的な対立をなしているとすればどうだろうか。発音をことさら美しく飾り立てる必要はないが、意味を正確に伝えるために見逃すことの出来ない事柄ではないかと思うのである。文産出がコミュニケーションのためのマクロの視点であるとすれば、これはミクロ的な面からのアプローチと言ってもよい。
 生徒が学校のカリキュラムの中で接する外国語といえばもっぱら英語なのだが、しかし言語が違えば驚くような音素対立をなしているものもあることを、生徒に示してゆくことも大切である。例えば中国語には、有気音・無気音という独特の区別があり、これが音素的な対立をなしている。基本的に日本語における「タ」と「ダ」というような清音・濁音の区別はないし、英語の /t/ /d/ という無声音・有声音という区別もない。例えば「ポ」のピンインは /po/ /bo/ があるが、これは日本語で言うところの「ポ」と「ボ」ではなく、ともに「ポ」なのだが、声門をいったん閉じてから勢いよく息を出しながら発音する有気音なのか、あるいは息をあまり強く吐き出さずに発音する無気音なのかの区別を、/po/ /bo/ によって便宜的に表しているにすぎない。そして、その両者の対立によって [配]、 [背]の区別が出てくるというわけである。
 このようにして、言語が違えばおのずからその構造の骨組みとなる要素も異なってくるということを説明しながら、それぞれの体系を相対化して捉えさせ、意識改革をしてゆくのである。
 
日本語の音韻記述は適切か

 日本語を母語とする学習者が英語の音韻を学ぶ時、その日本語からの干渉が問題になることがある。つまり誤りの原因が日本語の音韻そのものにあるというわけである。些細な例に思われるかも知れないが、普段気になるものの一つが she と sea の発音の混同である。日本語のサ行は「サ・シ・ス・セ・ソ」なので、母音に「イー」が来れば必然的に共に「シー」となるのは理由のないことではない。
 しかし注意深く見てゆくと、はたして日本語のサ行はすべて同じ調音の仕方なのかという疑問が出てくる。つまり、「サ・シ・ス・セ・ソ」の調音方法はいずれも「摩擦音」ということになるが、調音位置に関しては「シ」だけが「歯茎口蓋音」で、残りの「サ・ス・セ・ソ」は「歯茎音」ということになる。つまり、舌との摩擦によって音を出す点は共通しているが、その相手が歯茎なのか、それとももう少し後ろの硬口蓋の部分も含むのかという違いによって、「シ」だけが他のものと区別されることになる。このような調音位置の違いによって厳密に表そうとすれば、次のような二つの系列を考えなければならない。






調音位置
調音方法
/s/

スィ



歯茎音
摩擦音

シャ

シュ
シェ
ショ
歯茎口蓋音
摩擦音

 もっとも、日本語では /i/ の直前の子音は口蓋化するので、そのことから /si/ が となっていることの説明はつく。しかし、タ行の場合はどうだろう。同じように分類してゆくと、次のように三つの系列を考えなければならない。







調音位置
調音方法
/t/

ティ
トゥ


歯茎音
閉鎖音

チャ

チュ
チェ
チョ
歯茎口蓋音
破擦音
/ts/
ツァ
ツィ

ツェ
ツォ
歯茎音 破擦音

 こうして見てくると、これ以外にも調音位置も調音方法も異なる「ハ」(声門摩擦音)と「バ」(両唇閉鎖音)が清音・濁音の対立として捉えられていることなどを含め、五十音図が音韻記述として適切かどうかという疑問が出てくるのである。
 もっとも、現存する五十音図で最も古いものは平安時代中頃に書写されたものと考えられているが、それから現在までの間に音韻が大きく変化したことは確かである。ハ行の子音は極めて古くは/p/の発音だったものが、奈良時代には (両唇摩擦音)になっていたと考えられている。そしてこのうち「ハ・ヒ・ヘ・ホ」は、江戸時代前半までには /h/ に変化したようである。また、上で触れた「チ・ツ」は、室町中期までは /ti/ /tu/ だったものが室町末期までには /tsu/ に変化していたようであるし、室町時代末期において「セ」は現在と異なる であって、これも江戸時代に /se/に変化したと言われている。
 このような経緯も相まって、結果的に五十音図が正確さを欠くことになるわけだが、いずれにしても、日本語の音韻体系を細かく見てゆくことが、学習者の誤りの原因と解決法を見つけるための手がかりとなるのではないかと思うのである。生徒に対して、今自分がどのようにして母語である日本語を発音しているかを意識させ、それと目標言語とのずれをどうやって解決していったらよいかについての示唆を与えるわけである。

 
結びにかえて

 日本において、確かに音韻の問題が扱われたこともあった。しかしそれは、現代の日本語の音韻構造と他の言語のそれとの共時的な比較というよりはむしろ、古代からの通時的な意味での音韻変化の研究であることが多かったように思う。
 「日本語の内なる我々」にとって、現代の日本語の音韻は自明のことであったのかもしれない。しかし我々は、我々自身の言語を「外からの目」によって客観的に分析しなければならないし、外国語の音韻についても、単に美しく発音できるかという感情的な、しかも極めて矮小化した問題として捉えるのではなく、あくまでも分析的に理解を深め、そして自他の言語の断絶を埋めるための方法を模索しなければならないのではないだろうか。
 それぞれの言語の音韻構造は、独特の体系を持った「構造」であり、我々が学ぼうとしているのは、そのような言語の本質にかかわるところであるという自負を、忘れてはならないと思う次第である。我々が志向すべきは「音」であり、それこそがまさに「言葉そのもの」なのではなかろうか。